キレイな外壁塗装のために

>

オススメの季節はいつ

外壁塗装にオススメの季節とは

外壁工事には湿度の低い、乾燥した季節がオススメです。特にオススメなのが、春と秋の頃。また降雪のある地域には雪が降る前の時期がオススメです。この時期はちょうど季節の変わり目となり、乾燥した日が増えることが多いのです。
外壁塗装の乾燥を進めるには、気温が30度以下15度以上、湿度は40パーセント前後がおすすめとされています。ちょうど春と秋にはこうした気候になりやすいため、外壁をキレイに塗装するのに最適な季節なのです。
また、工事の面でもこの季節がオススメ。外壁塗装工事をするのに窓には覆いが設けられ、家の外周りには足場が設置されます。窓を開けずとも良い気候の方がこうした設置の時期にも向いているというわけです。

外壁塗装を避けるべき時期

外壁塗装を避ける時期もあります。それは天候の影響を受ける時期です。例えば北海道や東北など降雪の時期には外壁塗装に向いているとはいえません。降雪の時期は大変乾燥した気候となるのですが、降雪によって足場が不安定になる可能性もある上に、気温が極端に下がることで塗装がキレイに乾かない可能性があります。塗装についても、温度変化の影響で劣化が進みやすく、10年を待たずに次の外壁塗装を検討しなくてはならない可能性も高まります。
また夏の暑い時期も外壁塗装には不向きです。暑さといった温度の影響だけでなく、太陽熱の影響を受け、外壁が変色してしまうおそれがあるからです。もちろん外壁塗装のプロはこうした季節変化や温度変化に対応した術を持っており、こうした時期の施工も行いますが、ベストなシーズンではないために様々な問題点もあることは把握しておきましょう。