キレイな外壁塗装のために

>

外壁塗装にかかる期間とは

外壁塗装にかかる期間とは

一般的に外壁塗装には2週間程度の日数がかかるとされています。この一般的というのは、1階建ての家屋、おおむね30坪程度の大きさのものを基準にした日数です。ですから、家屋の大きさがもっと広かったり、構造が複雑だったり、2階以上のものであるなどの場合には、日数はそれよりもかかる場合があります。
なぜこれだけの日数がかかるのか。それは、外壁塗装には様々な工程があるからです。例えば塗装を行う前の準備ですが、高所塗装するための足場を設置する必要がありますし、塗装前の高圧洗浄も必要です。汚れを取らなければキレイな塗装はできません。加えて下地を作るなどの補修作業も必要です。
塗装にも下塗りに始まり、最終塗装まで3~4回の塗装は必要です。こうした作業を踏まえて完成するため、日数は2週間以上を要します。

季節や天候で変化するのか

外壁塗装は塗料を使用する工事ですから、なにより塗料が乾燥しなければ完成しません。そのため、例えば塗料が乾きづらい季節、雨の多い時期などは官僚するまでに時間がかかるといわれています。
雨や風の影響を受けないよう、防風柵や防雨策を講じて作業するケースもありますが、こうした対策をしても、湿度だけはどうしようもありません。湿度が上がると塗料は乾燥しづらく、工事などでは次の工程に進めないといった問題も生じることがありますが、外壁塗装に関しても同じことがいえるのです。
そのため外壁塗装には季節や天候の影響を受ける可能性があるということは事前に知っておくべきです。近年ではこうした季節や天候の影響を最小限度にする施工法も検討されていますが、極端に日数が縮まるというケースはまだありません。