キレイな外壁塗装のために

>

外壁塗装は家の印象を変える

外壁塗装の目安とされる期間

お家の外壁、何となく黒ずんできた、若しくはシミが目立つ、最悪ひび割れのようなものが見えるとなれば、外壁塗装を検討することでしょう。一般的に外壁塗装を行う場合の周期としては、10年が目途とされています。電化製品なども、10年が一周期とされていますが、これは外壁塗装にも通ずるところといえましょう。
ただ、あくまでもこちらは一つの目安となる周期です。先ほど冒頭でご紹介したような、シミや最悪ひび割れという状態は、放置すると雨漏りなど住宅としての能力劣化を生むおそれも生じます。こうした症状が目についた場合には、10年を待たずに外壁塗装を検討すべき事由です。
またこの外壁塗装は、そのグレードや種類によっても周期が変化することがあります。

劣化があらわれるのは種類によって違う

外壁塗装はその種類やグレードによっても耐用年数が異なります。こちらも使用されてる環境や家屋の状態によって違いはありますが、一般的にはアクリルやウレタン塗装の場合だと5年から10年未満、シリコンやラジカル制御型塗装だと10年から15年未満、フッ素塗料や光触媒塗装は15年から20年未満、無機塗料に至っては20年から25年未満と長続きするといわれています。
ただしこれはあくまでもその塗料そのものの耐用年数ですから、これに別のものを混ぜたり、上から違うものを塗っているという場合には、耐用年数に違いが生じます。
加えて、方角も影響する場合があります。例えば東西南北によって風の吹き方、温度が違うものですが、それは外壁にも影響します。同じ外壁でも、向きによって塗装の色が変化する場合がこうした方角が影響することもあるのです。